人が仕事を創る

必要なのは、失敗を恐れず、
決して諦めず、挑戦し続ける姿勢です。

弊社の求める人材について、能力的な制限はありません。
自分が興味のあることについて何でも挑戦する、チャレンジ精神が旺盛な人を期待しています。
大切なのは、意欲を持って仕事に取り組み、学び続けること。
仲間とともに成長し、リーダーシップを培っていきましょう。

システムを作るのはCPUではない
 ヒトのココロだ

システム構築において求められるのは効率や整合性・機能性です。
しかし私たちは、それらを生み出すものとして、むしろ「計算できない気持ち」を重要視します。
お客様の課題に最も応えられる可能性を常に積極的に考え、取り入れていく。
システムを作る者として、むしろ重要なのはアイデアと熱意であると、私たちは考えます。

  • 仕事はアツく、冷静に。

    お客様に喜んでもらうために、NALは常にニーズよりもワンランク上のソリューションを目指しています。 そのためには、仕組みに穴がないか冷静に見極める目と、仕組みで世界をかえてやろうという熱意が大事。知識は後からついてきます。冷静にアツくなれる人材をNALは求めます。

  • コミュニケーションがイイシゴトを生む。

    システム制作はプロジェクトワークです。一人で完結できるものではありません。むしろ周りのスタッフのポテンシャルを最大限引き出すことが重要です。 先輩と議論を活発にしてください。
    そこから本当のソリューションは生まれます。

  • アンテナを敏感に張り巡らせる。

    私たちのビジネスフィールドは、日進月歩で発展するインターネットの世界です。
    常に新しいサービス、世の中の流れをキャッチすることが重要です。
    社会にアンテナを立ててください。新しい知識を貪欲に取り入れチャレンジしていきましょう。

先輩社員の声

?php the_sub_field('name'); ?>

システム部 (2017年入社) 田中大和 TANAKA YAMATO

私は、プログラマーとして主に開発業務を行っています。 会社には若手でも自由にアイデアを出し、検討し、挑戦できる環境があります。分からないことは聞けば、先輩社員はいつも気軽に教えてくれます。 失敗することはありますが、上司がサポートをしてくれますので、失敗を恐れず積極的に挑戦することができます。挑戦の先に自身の納得のいく成果物が完成し、それをお客様に喜んでいただける瞬間は、何物にも代えがたい喜びがあります。 会社の一員としてより必要とされる人材になれるように日々精進しています。

?php the_sub_field('name'); ?>

システム部 (2016年入社) 島田直幸 SHIMADA NAOYUKI

NALの良い所は、「自分の力量を知り、上に伸ばせる環境がある」ということです。

まず、会社の業務は客先に常駐しての仕事が多いため、自分と他社の人を比較することができる機会が多くあります。また、少人数で客先へ出向くことも多いので、個々の作業範囲が広く、自分の力量を明確にできます。幅広い作業のおかげで、苦手分野を克服して得意分野を向上させることができました。
今では、徐々に作業量を増やし、どのようにしたら予定通りに成果が出せるのかを考えながら、仕事をすることにやりがいを感じています。

?php the_sub_field('name'); ?>

システム部 (2003年入社) 田口和臣 TAGUCHI KAZUOMI

入社するまでは、システム開発やコンピュータのことは全くと言っていいほど知りませんでした。しかし、分からないことはすぐに上司や先輩に聞くことが出来ましたので、困るということはありませんでした。もちろん、一から十まで全て教えてもらえるという訳ではありません。いろいろな環境を経験することで、自分で考えて解決するという力を身に付けることが出来ました。
そんな私が今ではプロジェクトリーダーとして、お客様から依頼されたシステム開発をメンバーと協力して進めています。チームとしての力を引き出すことができる環境を作ること、高いモチベーションを維持してプロジェクト完了に向かうための推進力をチームに与えることが自分の役割だと思っています。また、そのことでチームも自分も大きく成長できると考えています。

?php the_sub_field('name'); ?>

経営業務部 (2015年入社) 高橋実希 TAKAHASHI MIKI

私は経営業務部で総務・人事の仕事をしています。主な仕事は給与処理や健康診断の手配など社員の皆さんが気持ちよく働けるようにサポートすることです。
総務・人事はイレギュラーな仕事が多く、いろいろな状況にあわせて対応をしていくため大変です。でも「対応してくれてありがとう。」と言われることに喜びを感じています。まだまだ一人で解決できないことが多く、上司に教えていただくことがありますが、経験を積み少しずつ自分ができる仕事が増えていく毎日は充実しています。